豚インフルエンザとは?

豚インフルエンザ(ぶたインフルエンザ、swine influenza, swine flu, hog flu, pig flu)とはオルソミクソウイルス科A型インフルエンザウイルス(属)の感染によるブタの感染症である。このインフルエンザの原因とされる新たなウイルスをWHO(世界保健機関)は2009年4月30日以降、「influenza A(H1N1)」と呼ぶこととした。
ブタはヒト、トリのA型インフルエンザウイルスに容易に感染する。
発症ブタは元気消失、食欲不振、発熱などの一般症状と鼻汁、発作性の咳、呼吸促拍などの呼吸器症状を示す。
ウイルスの分離は鼻汁拭い液、気管や肺病変部を発育鶏卵の羊膜腔内あるいは尿膜腔内接種して行う。
特異的な治療法はないため、対症療法を行う。一般に予後は良好であり死亡率は1%以下であるが、肺炎に進行すると予後は悪く幼若ブタでは致死的となる。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。