新型インフル ワクチン緊急輸入 政府方針 安全性に疑問も

新型インフルエンザが夏休み明けで学校が始まることで感染が広がる可能性があるとの話ですね。実は、5000万人分のワクチンが必要といわれているなか、国内で生産可能なのは2000万人分で、不足する分は輸入するという話が出ているらしい。通常は海外の薬を日本に持ち込む場合、製薬会社が治験を行い最低半年〜5年はかかるとのこと。

秋以降の新型インフルエンザの本格的な流行に備え、政府は24日、不足するワクチンを輸入する方針を固めた。国産と製造方法が異なる海外ワクチンの緊急輸入については専門家から「安全性を担保できない」との異論も出ている。世界的なワクチンの品薄状態の中、日本が大量輸入すれば、「買い占め」と受け取られかねない側面もあり、課題は山積している。

ワクチン投与は子供や、疾患を持った人、医療従事者などが優先されるとのことですが、予防が一番といいますが、マスクや感染予防商品の確保は大丈夫なのでしょうか?

引用:ヤフーニュースヘッドライン

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。